eDocuTool

・Excel・Wordを使用して帳票のレイアウトを作成できます。

・プログラムレスで帳票作成ができ、プログラミングのスキルは必要ありません。

・CSVでデータ出力が可能であれば様々な帳票を作成できます。

icon 製品紹介

画像を変更する!
ClickOnceDocumenter
Excel・Wordでレイアウト設計
書式、グラフ、罫線などExcelの機能を使用できる為、画像や電子印を埋め込むことも可能です。また、現在お使いのExcelの帳票に、そのままデータを流し込むことが出来るので、レイアウトの作り直しといった手間をかけずに作成することが出来ます。
Excelで定義(データ関連付け)設計
CsvDocumenterでの帳票生成には、Excelで作成された定義ファイルを使用します。通常はプログラムを記述して開発を行う部分をExcelシートへ設定するのみで開発できます。Excelの機能を使用するため、グループ集計やソート、改ページ設定等の設定も可能です。レイアウトパターンには2種類あります。
外国語出力対応
Windows及びMicrosoft Officeが対応する言語で帳票作成が可能です。定義内の指定の位置に言語コードを記入をするだけで、簡単に設定することが出来ます。また、区切り文字や小数点、元号、各国独自の日付形式はExcelの書式設定より設定することができます。
電子帳票・プリンタ出力対応
Office2007形式(XLSX、DOCX)、Office2003形式(XLS、DOC)、PDF、XPS、プリンタ出力に対応しています。
※レイアウト設計・定義設計には、Excel・Word2007形式が必要です。
Office2000・XP・2003をご利用の場合は、Office互換パックをご利用ください。
※Office2003形式・PDF・XPS・プリンタ出力にはServer版、クライアント版が必要になります。
icon 動作環境
【開発PC】
OS
WindowsXP(SP2以降)
WindowsVista(SP1以降)
Windows7
Windows8
WindowsServer2003R2
WindowsServer2008
WindowsServer2008R2
WindowsServer2012
推奨PC
デュアルコア以上のCPUを搭載、メモリ2GB以上
動作環境
.NET Framework2.0
.NET Framework3.0
.NET Framework3.5
.NET Framework4.0
開発環境
Visual Studio 2003
Visual Studio 2005
Visual Studio 2008
.NET Framework2.0
.NET Framework3.0
.NET Framework3.5
帳票設計
Microsoft Excel・Word XP(設計と参照のみ)
Microsoft Excel・Word 2003
Microsoft Excel・Word 2007
Microsoft Excel・Word 2010
Microsoft Excel・Word 2013

※WEBシステムを開発する場合は、IISをインストールする必要があります。

※電子帳票作成オプションを利用する際、MicroSoft Excel・Word 2007以降が必要になります。
(DocuWorks出力を行う場合、FujiXerox DocuWorkが必要になります)

※プリンタ出力する場合、プリンタドライバの設定が必要になります。

【WEBサーバ】
OS
WindowsServer2003R2(SP2以降)
WindowsServer2008
WindowsServer2008R2
(Hyper-Vなどの仮想環境も動作可能)
WindowsServer2012
推奨PC
デュアルコアまたはクアッドコア以上のCPUを搭載、メモリ4GB以上
開発環境
.NET Framework2.0
.NET Framework3.0
.NET Framework3.5
.NET Framework4.0
IIS(WEBシステムの場合)

※電子帳票作成オプションを利用する際、MicroSoft Excel・Word 2007以降が必要になります。

(DocuWorks出力を行う場合、FujiXerox DocuWorkが必要になります)

※プリンタ出力する場合、プリンタドライバの設定が必要になります。

icon 価格

価格はオープン価格です
詳しくは別途お問い合わせください。

※クライアント開発ライセンスはサーバにインストールできません。サーバでご利用の際はサーバ開発ライセンスをご購入下さい。

※年間保守料は正価(セット価格ではありません)の15%です。(電話によるサポート含む)

※プログラミング研修は別料金になります。

※ユーザ(利用者)ライセンスは別途必要になります。開発したソフトをユーザへ展開する際にご購入ください。

※自社で開発したソフトを、自社の社員がユーザとして利用する際もユーザライセンスを購入いただく必要がございます。

※ユーザライセンスの価格につきましてはお問い合わせください。

※ランタイムフリー用のライセンスをご用意しております。パッケージ製品に組み込みたい等のご要望がございましたらお問い合わせください。